鳥取県の野球情報局

鳥取県の社会人野球チームについて

 

2016-02-20_15h50_59.jpg

 

鳥取県では長年王子製紙米子が鳥取県唯一の社会人野球チームとして活動していましたが、都市対抗野球に出場することができないまま、1998年に廃部となり、以来鳥取県に社会人野球チームがない状態が続いてました。

 

転機が訪れたのが2006年で、鳥取キタロウズ、現在の鳥取Pear Kings
が創設され、社会人野球の空白地ではなくなりました。

 

 

鳥取Pear Kingsは倉吉市営関金球場
をホームグラウンドにしており、近くには関金温泉などがあります。

 

設立の目的として、県内の野球振興、そして鳥取県を代表するチームとして全国のチームと交流することがあげられています。

 

2016-02-20_15h46_17.jpg

 

茨城ゴールデンゴールズとは創設当初から毎年試合を続けている間柄で、他にも様々なチームと交流試合を展開しています。
2009年には鳥取県の国際交流事業として、台湾に赴き、海外遠征試合を行いました。このようにして、鳥取Pear Kingsは鳥取県を代表するチームとしての活動を幅広く展開している状況です。

 

全日本クラブ選手権や都市対抗野球、日本選手権の出場はまだありませんが、地域レベルの大会では好成績を残した年もあります。

 

中四国野球リーグでは、リーグ初年度の2010年に2位、中四国クラブリーグ王者、準優勝チームと九州のクラブリーグ王者と準優勝チームが戦う西日本クラブリーグチャンピオン決定戦では第1回の2010年に参加し、見事優勝を飾っています。

 

ここまで着実に結果を重ねてきた鳥取Pear Kingsでしたが、ここ最近は思ったような成績を残せておらず、低迷が続いています。

 

2015年の中四国野球野球リーグではトーナメント戦になりましたが、初戦敗退となっています。
しかし、鳥取県民の期待を一手に背負い、全日本クラブ選手権への出場や都市対抗野球などに出るべく、鳥取Pear Kingsのここからの巻き返しが期待されており、鳥取県唯一の社会人野球チームとしての挑戦が続きます。


 
ホーム 野球少年の身長アップのためのサプリ 野球肘、肩などの野球お悩み解決集