鳥取県の学童軟式野球は?

鳥取県の軟式学童野球のチームについて

スクワット

 

学童野球とは小学生だけで作られたチームのことを指します。
 
学童野球では硬式野球とは違いゴム製のボールを使用するため、骨や筋肉の成長が不十分な小学生でも、大きな怪我や命に関わる事故が少ないため、多くの子供たちが参加しており、日本全国で約1万5千チームがあると言われています。

 

全日本軟式野球連盟に登録されている鳥取県の学童野球チームだけでも130チームあります。サッカーやラグビーなど、他のスポーツよりも安全性が高いため、小さい頃から子供をスポーツに慣れ親しませたい保護者の方からも多くの支持を得ています。

 

また、全日本軟式野球連盟は、日本臨床スポーツ医学会学術委員会資料に基づいて、発育途中の選手の体に配慮し、投手の投球制限を設けています。特に体の成長がまだ充分ではない学童部3年生以下には、1日5イニングまでとの制限を行っています。

 

その他にも小学生の選手や保護者に配慮したルールが多く決められています。また、全日本軟式野球連盟には、エネオスやマクドナルドなど有名なスポンサーがついています。

 

上記に書いたように、鳥取県にも多くの学童野球チームがありますが、特に鳥取県は野球を行う地としてはとても恵まれているといっても過言ではありません。それは鳥取県ならではの自然や環境だけではなく、腕のいい野球選手が沢山いるからです。日本全国で最も甲子園の経験率が高い県が鳥取県で、参加校全体に占める甲子園の出場率は50%を超えると言われています。

 

甲子園では軟式野球ではなく硬式野球ですが、今では世界にその名前が知られているイチロー選手も、小学生の頃は軟式野球のチームに入っており、小さい頃から野球の腕を磨いていました。

 

 


 
ホーム 野球少年の身長アップのためのサプリ 野球肘、肩などの野球お悩み解決集