鳥取県出身のプロ野球選手

鳥取出身のプロ野球選手

鳥取県出身のプロ野球選手まとめ

 

12球団の中で、鳥取県出身の現役プロ野球選手は、九里亜蓮ただ一人です。 近年ですt、元ジャイアンツの角 盈男選手なども鳥取県出身です。

 

 

現在広島東洋カープで野球をしています。九里は1991年9月1日にアメリカ人の父と日本人の母のもとで誕生しました。

 

 

父親も野球を極めた経験があり、マイナーリーグで遊撃手として活躍していました。また妹である九里聖莉奈は現役大学生でありながら、ファッションモデルとしても活動しています。

 

 

九里は鳥取県米子市で育ち、小学校2年生の時に野球を始めました。そして小学3年生で父親と一緒にアメリカに渡り、現地の硬式野球チームでは、内野手をやっていました。

 

その後家庭の事情によりアメリカでの滞在期間1年で日本に帰り、中学校を卒業するまでは母方の祖母に育てられました。中学3年生になると当時地元のチームだった米子ビクターズのエースとして、岡山県で開催された全国大会に出場します。

 

それをきっかけに岡山理科大学附属高等学校に進学します。亜細亜大学に進学すると、東都大学リーグの公式戦で、通算19勝5敗、防御率1.60を記録し、4年生の秋季リーグではチームを33年ぶりの優勝へと導きました。

 

そのリーグで九里はMVPと最優秀投手賞、ベストナインの3冠を達成しました。2013年のドラフト会議では、広島東洋カープに2巡目に指名され入団しました。

 

プロ入りすると、開幕2戦目以内の試合で先発登板で勝利投手となり、新人投手としては球団史上3人目、62年ぶりの快挙を達成しました。


 
ホーム 野球少年の身長アップのためのサプリ 野球肘、肩などの野球お悩み解決集